TOPへ

製品一覧へ

TOBACCLEAN ヘッド
TOBACCLEAN タバクリーン TC-101DL2FB

改正健康増進法対応 ・ 感染拡大対策
新常態ニューノーマル時代の1人用ドアレス分煙ボックス登場!

カタログはこちら

マナーからルールへ

マナーからルールへ
2020年4月1日より「改正健康増進法」全面施行
飲食店・オフィスなどの屋内は原則禁煙化

改正法により、多数の利用者がいる施設、飲食店、旅客運送事業船舶・鉄道等において原則屋内禁煙となります。
違反者に対して罰則(施設管理者:50万円以下、喫煙者:30万円以下)が課せられることもあります。

外形寸法

幅1,050mm × 奥行800mm × 高さ2,300mm

外形寸法

感染拡大(3密)対策

1人用なので感染症予防対策として“密集・密接”を防ぐことが可能です。
扉のない “ドアレス”タイプだから“密閉”もなく、非接触で入退室できます。
※入り口の開放が気になるお客様にはオプションのスライドドアをご用意しています。

省スペース設計

幅1,050mm × 奥行800mm
一般的な4人掛けテーブル1卓分のスペースに設置可能です。

技術的基準クリア

健康増進法におけるタバコの煙の流出防止にかかる技術的基準である“喫煙室内に向けて毎秒0.2m以上の気流”をクリアしています。

シンプル構造

現地組み立て可能なカンタン構造だから設置の際の営業時間への影響を最小限に抑えます。

便利な付帯設備

便利な付帯設備

省スペースのスモール分煙ボックス

タバクリーン使用中イメージ

ダクトの設置

ダクトの設置

本製品はダクト用換気扇を搭載しており、本体上部より2本のダクト(150φ)による屋外排気が必要となります。

屋内が原則禁煙となる様々な施設・店舗例

飲食店などの第二種施設については原則屋内禁煙ですが、条件を満たす喫煙設備を設置することで喫煙が可能となります。

飲食店既存のファミリー層や喫煙客のため
また新規顧客獲得のために

飲食店画像

オフィス従業員の受動喫煙を防止するために最小限のスペースで

オフィス画像

宿泊施設吸う人にも吸わない人にもくつろいでいただくために

宿泊施設画像

主な標準仕様

製品名 TOBACCLEAN タバクリーン TC-101DL2FB
外形寸法 幅1,050mm × 奥行800mm × 高さ2,300mm
開口部(入り口) 幅550mm × 1,940mm(開口部面積1.067㎡)
内のり面積 約0.73㎡
ドア 無(オプション:スライドドア)※取付時、正面右側に150mm程度のスペースが必要
重量 約98kg
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 224W
材質 フレーム:アルミ押出材 窓面:強化ガラス
天井:スチール 上部側面:アルミ複合板
※本製品には上部天板はついておりません。
カラー ブラック
排気設備 ダクト用換気扇(シロッコファン採用)2基搭載
風量:[2基]1,520㎥/h(50Hz)/1,400㎥/h(60Hz)
開口部3点計測にて、0.2m/s以上の風量確認済み
※JIS T 8202-1997準拠の風速計にて、弊社内環境にて計測。
ダクト径:150φ 羽根径:200mm 騒音:約67db(弊社内環境にて計測)
利用人数 1名用
利用本数 20本/h以下推奨
その他付帯設備 人感センサー/LEDダウンライト/コーナーテーブル/アジャスター・アンカー金具4点/電源スイッチ/シール一式

オプション:消煙灰皿/スライドドア

設置の際の条件

  • 設置の際にはアンカー・突っ張り棒・チェーンなどによる転倒防止対策が必要となります。
  • 電気工事士による電源工事が必要となります。
  • 排気ダクトへの接続及び吸気環境の確認が必要となります。
  • 消防設備が別途必要になる場合がございます。
  • 周囲に配管・メンテナンス等のためのスペースが必要となります。

補助金の
活用

専用喫煙室などの設備を新たに設ける場合、条件を満たす事業者は補助金の申請が可能です。

経費の2/3の最大100万円
(東京都は9/10の最大400万円)

東京都は「喫煙室の設置等に対する補助金」など既存喫煙設備の撤去にも補助金が用意されています
詳しくは厚生労働省または東京都HPをご参照下さい

外観図